便秘茶の飲み方 ストレスフルな生活を避けましょう

便秘茶による体質の改善と関連して、ストレスフリーな生活を心がけることについては、少し触れましたが、これは特に大切なことなんです。便秘茶の取り方もそうなんです。これを「お薬だ!」と位置づけて、毎日決まった量飲まなきゃとか、毎日朝昼晩必ずとか考えてしまうと、それがストレスになってしまいます。ストレス状態になると、体が緊張して、交感神経優位になります。腸が働くのは副交感神経優位の時なので、緊張すると腸の働きそのものが悪くなります。交感神経と副交感神経は拮抗して働きますので、どちらも両立するということはあり得ません。ですから、「気楽に」お茶に触れることがとっても大切なのです。私は、便秘茶に限らず健康茶を飲むときは、自分が「飲みたいな」と思うときに飲むようにしています。体の声に耳を澄ますと、今、自分の体が何を本当に欲しているのかがわかるようになってきます。もちろん、時間を決めて規則正しく飲むのも良いですが、それがプレッシャーにならないようにすることがこつです。「あ、忘れてしまった」と落ち込む必要はありません。いつも自分にノルマを課す癖のある人は、ちょっと気楽になれたな、と自分を褒めてあげた方が体には良いのです。それから、健康法を継続するこつは、最初に高いノルマをたてないことだと言われています。一つずつ、自分を褒めてあげながら、ハードルはちょっとずつあげながら、続けていくことが結果的な体質改善に繋がっていくのですね。便秘茶ともそうやって付き合ってみてください。

そのほかのメニュー

ページ上部に戻る